インテリアコーディネーターの資格を本気で目指す!【ICなび】

女性に大人気!職場復帰にも役立つインテリアコーディネーター

インテリアコーディネーター(IC)になるには、効率的に学習できる専門学校や短期間で苦手を克服する通信講座、または独学などによる方法で資格が取得できるそうです。
費用や時間などによって、取得方法はその人のスタイルに合わせて選ぶと良いんだとか。

  • 話し上手な女性に人気!

    話し上手な女性に人気!

    インテリアや雑貨が好きな女性が多い中、ICコーディネーターの資格が人気!仕事から離れることのある女性でも再就職に強い資格と言われています。

  • ICが注目されるワケとは・・・

    ICが注目されるワケとは・・・

    流行に敏感でいることで入居者の心を掴むコーディネートができることも。男性・女性ならではの視点で作られる空間に期待が高まっているようです。

  • ブランクなんて気にならない!

    ブランクなんて気にならない!

    最近の流行や好まれているインテリア雑貨の傾向を把握しておけば、再就職だって難なくクリア!就職に強い女性の資格!

 
 

ICに向いている人は、インテリアに興味があり、入居者の希望に沿った空間を作り上げるという情熱を持っている人、コミュニケーション能力がある人だそうです。

人と接する機会の多いICは話術が上手くないと、入居者の要望などに答えられないといことに繋がる可能性も・・・。
そのため取得する上で大切な要素と言えそうです。

女性必見!職場復帰や日常にも便利な資格

インテリアコーディネーター(IC)とは、住居の雰囲気に合わせたインテリア商品を用い、個人の意見を取り入れたアドバイスを行うことができる資格、または職業にしている人を呼んでいます。
そこに住む人のスタイルに合わせ、より良い住居を作るために、家具や照明、壁紙やカーテンといったインテリアなど、住宅全般におけるアドバイスなどを行うとされています。

しかし、インテリアコーディネーターの資格は国家資格ではないそうです。
資格を取得するには、公益社団法人インテリア産業協会で行われる試験に合格した人に与えられる認定資格とされています。

インテリアコーディネーターは資格がなくても出来る仕事のようですが、間取りや家具などの提案をお客さまの代わりに業者の方に伝える役割があるため、資格を持たない人よりも専門知識を身につけた資格者の方が必要となります。

思い描くスタイルや統一感のある室内を演出できる

インテリアコーディネートは、自分の思い描いていた空間をコーディネートできる仕事として、女性から高い人気を得ている仕事です。男性でも資格取得をする人はおりますが、男性よりも女性からの支持が高い背景には要望や提案する人が女性に多いということだったようです。
また現在は、男性よりも女性の方がコミュニケーション能力の高いとされ、入居者や業者との話し合いがスムーズに進むようなのです。

流行に敏感でありながら、流行のアイテムを全体のバランスを崩すことなくインテリアに取り入れるセンスが期待されているようです。
一方、男性のインテリアコーディネーターも女性とは一味違う、男性からの視点でみたコーディネートが期待されています。シックで落ち着いた雰囲気のある、男性のための部屋を演出してくれそうです。

改修にも役立つインテリアの知識

インテリアに秀でた知識を持つインテリアコーディネーターは、インテリアショップや工務店、ショールーム、設計事務所、住宅メーカーなど、インテリア関連の職場に就職することができるとされています。

就職場所の一つに不動産会社も含まれます。
最近の不動産会社の開業形態の一つにリノベーションというものがあります。
元通りに戻すリフォームとは違い、修復すると言った意味合いのリノベーションは、古くなった住宅などの改修を行い売買や賃貸とするそうです。

リノベーションにはインテリアの知識を持った人が重要となり、インテリアコーディネーターの力も必要とされます。
リノベーションを行っている不動産サイトがありましたので、不動産業に興味がありましたらインテリアコーディネートの参考にしてください。

ICは不動産業でも活躍できる!リノベーションを学びたいならワンストップ不動産がおススメ!
WAN STOP 不動産でリノベーションの相談をする
古くなった住宅を改修するリノベーション。建築関係の仕事に就きたい人は知っておきたいシステムだと思います。
リノベーション物件のイメージプラン紹介や相談に応じているWAN STOP 不動産を是非ご覧になってみてください。

子育てなどでブランクが出来る女性にもおススメ!

妊娠・出産などで、仕事から離れる女性も多く、再就職しようにも時間が空きすぎるとブランクがありすぎて難しいと感じてしまう人も少なくないようです。

しかし、インテリアコーディネーターは実務経験があれば復帰することも難しいことではないんだそうです。 子育ての合間にインテリア雑貨の雑誌や家具メーカーのWEBをチェックするようにして、仕事からは離れていてもインテリアへの興味を無くさない限り、再就職にも有利な資格なんだとか。

  • <インテリアコーディネーターって何?>資格試験・年収・就職
  • <目指せ合格!試験対策徹底ガイド>独学・通信講座・専門学校
  • <合わせて役立つIC関連資格>2級建築士・インテリアプランナー