インテリアコーディネーターの資格を本気で目指す!【ICなび】
福祉住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーターについて・これからの活躍

近年高齢者が増え、一般住宅でも介護や養護のために家の中をバリアフリー化することが多くなってきています。そんな時に福祉住環境コーディネーターは、相手の要望に合わせた住みやすい家作りを提案する仕事なのです。インテリアコーディネーターと同じようで実は全然違う、そんな福祉住環境コーディネーターについていろいろと知っておきましょう。

福祉住環境コーディネーターとは

福祉住環境コーディネーターは、お年寄りや障害を持った方が住まいで快適に暮らしていけるように、相談し合ってリフォーム等の設計を行なう職業です。一緒に暮らす家族が介護を必要になった時や生涯暮らしていくため自分達が暮らしていきやすいように家を改築する際に、福祉住環境コーディネーターが活躍するのです。

仕事内容は自宅での不便が無い様に解消し、老人ホーム等の施設を建築する際にそこで暮らす高齢者や障害のある人のために福祉・医療・建築等の専門家と話合って介護者や暮らす人が安心してくらせる家を提案するのが主な仕事です。

仕事の流れ

例として介護のために家を改築する際の大まかな仕事内容を見てみましょう。まず家を見て回りながら家族の方と話合って、以前から気になっていた所やこれから必要になるので追加して欲しい所等を綿密に相談し合った後で、建築に関する話し合い・介護に必要な用具や設備についての話し合いを行ないます。

そして改築工事が始まったなら定期的に業者の方々とプラン通りにできているのかをチェックします。そして工事が終わった後に家族の皆さんと出来上がりを確認し、想像通りの出来上がりかを見ていきます。この際に改善点が出てくるようであれば、費用等を考えながらすぐに直せるようにしておかなければいけません。これが福祉住環境コーディネーターです。

福祉住環境コーディネーターの資格

民間資格なので受験資格が無く・3級から1級まで存在しています。資格試験で、3級は福祉や住環境の簡単な知識を求められるだけですが、2級からは幅広い専門知識が求められます。その理由は2級以上を取得していると、住宅リフォーム時に介護保険を受けるため必要とされる「理由書」を作成することができるため、仕事も2級以上からが実用的だからです。

これは本来ケアマネージャーが作成するのですが、この資格と作業療法士も作成することが認められています。インテリアコーディネーターと活躍する場が同じような職業でも、限られた資格保有者のみが行なえる仕事があるのは周りから重宝されそうですね。

試験難易度

資格試験の難易度は、3級が約40%程度、2級が約25%程度、1級がなんと約5%程度と言われています。試験問題はマークシート方式なので3級や2級までは問題集で対応できるのですが、1級からは応用力や理解力を深く求められる問題なので、実際この職業を働いたことがある人でなければ難しいでしょう。

しかし1級と2級の差が大きくある資格でもないので、知識等の自信が無い人はまず3級から、ある程度の知識はあるという人は2級からチャレンジしてみるのはどうでしょうか。

資格の有効性

福祉住環境コーディネーターの資格ですが、持っているだけで入社できるような資格ではありません。まだまだ福祉住環境コーディネーターという仕事が広まっていないのもありますが、あくまで他の資格と合わせて使うものとして扱われています。

福祉住環境コーディネーターの資格ですが、持っているだけで入社できるような資格ではありません。まだまだ福祉住環境コーディネーターという仕事が広まっていないのもありますが、あくまで他の資格と合わせて使うものとして扱われています。

今後への期待

少子高齢化により、今の日本では高齢になった親を自宅介護や老人ホーム等の施設に預けることが多くなってきました。そのためこの職業に任せる仕事も増えてくると思います。インテリアコーディネーターとはまた別に「福祉」という点からお客様に提案をする福祉住環境コーディネーターは、これからの知名度しだいでは建築業界でも重宝される職業となっていくことでしょう。福祉住環境コーディネーターの今後に期待したいですね。

  • <インテリアコーディネーターって何?>資格試験・年収・就職
  • <目指せ合格!試験対策徹底ガイド>独学・通信講座・専門学校
  • <合わせて役立つIC関連資格>2級建築士・インテリアプランナー