インテリアコーディネーターの資格を本気で目指す!【ICなび】
インテリアコーディネーター,年収,就職

インテリアコーディネーターの年収はいくら? 就職→フリーを目指して

どのような職業であれ、就職する際に気になることと言えば年収ではないでしょうか。不景気ゆえにどこの業界も給料が上がるどころか下がる一方の今、インテリアコーディネーターはどうでしょうか?
この職業は、インテリア業界や建築業界等で重要視されている職業ですので、資格を持ってそれなりの経験を積んでいれば年収も高く貰えます。また、独立すると、契約した会社からの仕事依頼やお客様個人からの注文がくるようになります。そうするとさらに年収は倍以上に上がることでしょう。
では、インテリアコーディネーターの気になる年収や主な就職先について知っておきましょう。

インテリアコーディネーターの年収実態

まず資格を収得し、インテリア関連の会社に入社したと仮定します。その場合でのインテリアコーディネーターは、平均年収が4〜500万円くらいだと言われており、この年収は業界では中々高い年収です。

さらに、インテリアコーディネーターは資格を取るのがやや難しいと言われている職業なので、資格を持っていることで会社が優遇してくれることが多く、資格手当てという形の資金が出されることもあるでしょう。

もし専門的な知識を得ることができる部門等に配属されることができれば、そこでの知識や経験を活かしたスキルアップにより収入はさらに上がっていきます。最終的には、個人で多くの仕事を契約するフリーのインテリアコーディネーターとなることができれば年収1000万円というのも夢ではないでしょう。

そこに至るまでには多大なる努力が必要になるでしょうが、大きな目標として立てるのは悪くないと思います。

インテリアコーディネーターの就職先を探そう

最も安定した形としては、住宅メーカーや建築事務所等の正社員として雇ってもらうことです。

正社員の求人は、情報誌や求人サイトに多数載っているのですが資格を取得する際に、専門学校に通っていた人には学校の方に求人が寄せられてきます。

この求人は学校だけに来る求人なので、就職倍率も他と比べて低く、学校名によっては相手の印象にプラスされる可能性もあります。派遣社員から正社員に登録されることもあるので、正社員だけとは言わずに派遣社員の求人も確認することが大切です。

就職活動での注意点

ただ、正社員・派遣社員どちらにも言える事なのですが「求人内容は必ず自分がやりたい仕事と一致するわけではない」ということに注意が必要です。求人広告を見て募集したけれど、会社の説明を聞くとなんだか自分がやりたい仕事が一切無いということもあるそうです。

この職業は仕事範囲が広いため、どうも他の仕事と勘違いされることがあり、インテリアコーディネーターがやるような仕事ではないものまで押し付けられてしまうことがあるそうです。

そのような手違いに気付かずに、入社してから全然自分がやりたい仕事がやれない・決まった職業としての経験が積んでいく事ができない、といったことがないように事前に情報収集はきちんとしておくべきでしょう。

フリーのインテリアコーディネーターとは

インテリアコーディネーターとして、目指す道で多いのはフリーのインテリアコーディネーターだと思います。フリーになると、依然勤めていた会社からや個別のお客様からの注文・他の仕事仲間からも仕事依頼がくることがあり、様々な所から仕事が来るので安定した収入を得ることができます。

しかしそのレベルになるためにはやはり周囲への顔の広さや実績が求められます。ではフリーとして独立するにはどのようにしていけばいいのでしょうか。

独立方法 1

まずはやはり多種多様な経験を積んでいこうということで、業界メーカーの転職を繰り返すことがいいでしょう。

一つのメーカーに絞り、そこでメーカー独自の知識や技術などをスキルとしてある程度取り入れたら、次に違うメーカーに転職し同じようにスキルを学んでいくのです。

これを繰り返すうちに、お客様のどのようなメーカーに対する問いにも答えられるようになり、そのような経験を積んだ後で独立するのが無難な方法です。

独立方法 2

もう一つは、「多くの業務を任せられる会社に入社する」ということです。基本的に住宅メーカー等に就職するとインテリアコーディネーターが仕事する範囲などは決まっていたりするのですが、会社規模が小さいデザイン事務所や設計事務所では、1つの仕事を最初から最後まで全てインテリアコーディネーター個人に任せられます。

他の人がやる仕事まで自分がやるのですから、もちろん仕事量は増えて残業が発生してしまうこともあり、会社が小さければ給料が少ないなんてデメリットまで発生するかもしれません。

しかし、この方法であれば本来フリーになってから行なう仕事内容のほとんどを、最初からやらせてもらえるので先の方法よりも月日を消耗せずに経験を積んでいくことができ、必然的にこちらの方がフリーになるのが早いでしょう。

フリーになるにはどちらの方法が良いのかという答えは一概に言えませんので、これはフリーを目指す皆さんでお考え下さい。

  • <インテリアコーディネーターって何?>資格試験・年収・就職
  • <目指せ合格!試験対策徹底ガイド>独学・通信講座・専門学校
  • <合わせて役立つIC関連資格>2級建築士・インテリアプランナー

関連リンク