• <インテリアコーディネーターって何?>資格試験・年収・就職
  • 【資格・試験】インテリアコーディネーターの難易度・合格率
  • 【こんな人が向いている】インテリアコーディネーター素質チェック!
  • <目指せ合格!試験対策徹底ガイド>独学・通信講座・専門学校
  • 【通信講座】ICの失敗しない通信教育の選び方
  • 【教育訓練給付制度について】給付金制度の対象と概要
  • <合わせて役立つIC関連資格>2級建築士・インテリアプランナー
  • 【福祉住環境コーディネーター】独学でも難易度は大丈夫?
  • 【色彩検定】文部科学省後援の色彩コーディネーター試験

  • <インテリアコーディネーターって何?>資格試験・年収・就職
  • <目指せ合格!試験対策徹底ガイド>独学・通信講座・専門学校
  • <合わせて役立つIC関連資格>2級建築士・インテリアプランナー

インテリアコーディネーターという職業・他の職業との違い

インテリアコーディネーターという名前を聞いたことがあるでしょうか?インテリア業界の人には重宝される職業なのですが、普通の人であれば知らない・もしくは名前を聞いたことはあっても、どんな仕事をしているのか分からないという人が多いと思います。基本的にはお客様が新築を建てた際に、部屋の間取りに合った家具を求められている時はアドバイスをし、部屋の改築時には部屋の設計プランをお客様と相談するというようなことを行ないます。
しかし今説明したのは仕事内容のほんの一部にすぎません。このページでは、インテリアコーディネーターという職業の成り立ちから仕事内容まで説明したいと思います。

インテリアコーディネーターとは

そもそもインテリアコーディネーターはどのような職業なのでしょう。家を建てる際にお客様の意見を業者の方々は聞くと思います、しかし部屋の間取りや家具等の質問範囲は広く、業者の方々も別々ですので意見する側も答える側も大変です。

そこでお客様の意見を業者の方々の代わりに答え、部屋にあった家具や間取りを考えるインテリアの知識を身につけた人が必要だ、ということでインテリアコーディネーターが誕生しました。

資格は実はいらない?

この職業には資格があるのですが、この資格は民間資格なので資格を持っていなくても問題はなく、自分の職業をインテリアコーディネーターだと称すれば、誰でもなれてしまう職業なのです。すぐに就くことができる職業だからといって、「よーし明日からインテリアコーディネーターになるか」と軽々しく思ってはいけません。

確かに自称ではあれ、この職業にはなれますが、公認の資格を所持しておらず、職業経験が全く無い人に仕事など誰も依頼しようとは思いませんね。難しい試験に挑戦し、資格を入手してからがやっとインテリアコーディネーターのスタートラインなのです。

インテリアコーディネーターの仕事内容

それでは仕事内容を知りましょう、まずはお客様と話し合う所から始めます。後に反映させるためにお客様の要望を聞きだすのです。これを「ヒアリング」と呼びます。

次にお客様の要望を活かすためにプランを立て、それを図面に描き出していきます、そしてお客様に分かりやすいように様々なサンプルを用意し、お客様から商品や間取りについてなどの提案をいただきます。これらの流れを「プランニング」と呼びます。

他にも商品の契約や、お客様のその後に不都合が無いか調査し悪ければ改善するといったアフターフォローも行ないます。

そして大切なのはお客様の声だけではなく、業者の人達の声も取りいれたりしなければなりません。商品が予想していたものと違う、商品を追加したいといった突然のお客様からの声に対応すべく、事前に何度も業者の方々とも話し合いをしておく必要があるのです。

クレームを出来るだけ出さずにお客様から満足いただけると、別の仕事をお客様から頼まれることや、他のお客様を紹介していただくこともあるのです。人と話し合って相手が望んでいることに答えてあげることがこの仕事で一番重要なことでしょうか。

インテリアコーディネーターは他の職業とどう違うのか

業界では似たような名前や仕事内容があるため、勘違いしてしまう人もいるようです。それが「インテリアデザイナー」という名前から似ている職業なのですが、ここではインテリアコーディネーターとの違いを見ていきましょう。

インテリアコーディネーター インテリアデザイナー
仕事内容
住まいの空間のデザインやアドバイスを行なう仕事内容。(商業関係の仕事も時々ある) 飲食店やビル内の建築物等の商業関係の空間デザインやアドバイスを行なう仕事内容。
相手への提案方法
お客様からの要望を取り入れて、形を整えていく。 自分のデザイン等をお客様に見せて、相手が気に入ったならそのデザインでいく。

名前はほとんど同じでも、行なっている内容が全然違うのが分かりますね。

その他職業について

他にインテリアコーディネーターと同じく図面を書いて設計をする建築士という職業があります、こちらは図面といってもインテリアコーディネーターのようにお客様に見せる簡単で分かりやすい図面ではなく、建築の構造について柱の一本一本まで詳しく書いている難しい図面となっています。

しかし、建築士が設計以外にお客様と相談する・業者の方々と連絡をとって確認するといった、設計以外での仕事が多くては大変なためこの職業が変わりにそこの役目を担っているのです。

今後のインテリアコーディネーターへの期待

インテリアコーディネーターに就いている男女の割合は、平成21年度のデータから見ますと、女性2089人・男性673人と女性の方が圧倒的に多いです。これはなぜかと言いますと、家を建築する際に要望や質問を出すのが男性より女性の方が多くなったからです。

そのため、お客様の声を聞くこの仕事は、女性の方が話し合いや提案がスムーズに進むのです。また、最新の流行情報を調べる女性達ならではのセンスでお客様が喜ぶような家具のチョイスなどをしてくれるのです。

もちろん男性も負けてはおらず、女性には出せないダンディズムをデザインから見せてくれます。最近では自宅の中で、仕事に疲れた自分の体をゆっくりと休めることができる空間を求める男性たちが多く、そのような男性たちのために部屋のインテリアや家具に落ち着いた大人の渋さをアドバイスします。

そのためたとえ女性の数が多い職業だろうと、仕事先によっては男性の方が優先されることもある職業なのです。今は家や部屋にも自分らしさを求めるお客様が増えているので、女性らしさ・男性らしさ双方で答えることができるインテリアコーディネーターという職業に注目が集まっていくと思います。

  • 【こんな人が向いている】インテリアコーディネーター素質チェック!
  • 【通信講座】ICの失敗しない通信教育の選び方
  • 【専門学校・スクール】インテリアの専門知識を学ぶには

2010年8月13日(金)
インテリアコーディネーターの参考リンクを6件追加いたしました。
2010年8月13日(金)
インテリアコーディネーターサイトを開設いたしました。どうぞよろしくお願いいたします。

    投稿がありません。